ホームライフスタイル腕時計ザ・シチズン「CITIZEN」 100周年記念限定600本「藍染」モデルの魅力とは

ザ・シチズン「CITIZEN」 100周年記念限定600本「藍染」モデルの魅力とは

AQ4100-65L 「筒巻き絞り染め」技法を使った藍染和紙文字板が表現する個性

※この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。リンクをクリックして購入すると、私たちはアフィリエイト報酬を受け取ることがあります。

シチズンは「CITIZEN」ブランドの時計誕生100周年を記念して、特別な「ザ・シチズン」シリーズの限定モデル AQ4100-65L を2024年5月28日から発売開始しました。

シチズンの最高峰には「藍染」と光発電エコ・ドライブがよく似合う

シチズン「ザ・シチズン」AQ4100-65L 藍染和紙文字板モデルの魅力

このモデルが属するシリーズは、日本の伝統色「藍色」を取り入れた藍染和紙文字板の美しいデザインが特徴です。
その中でも今回の100周年限定モデルは手作業で染め上げた「筒巻き絞り染め」技法を使った藍染和紙文字板を採用し、2つとして同じ模様・色合いが存在しない、まさに限定品と言える1点ものとなっています。

デザイン

  • エレガントなディテール: 3針となっており秒針のみ金があしらわれています。The CITIZENの象徴である大きく羽を広げた「イーグルマーク」は文字盤と竜頭などに厳かに刻印されています。

シンプルでありながら精緻、美しいけれど渋い、そんな言葉がよく似合うデザインとなっています。

文字盤

  • 日本の伝統色: 深い藍色は、日本の歴史と文化を象徴する色です。シチズンはこの美しい色を文字盤に取り入れ、エレガントで洗練されたデザインを実現しました。

AQ4100-65L はこの文字盤の「筒巻き絞り染め」技法の文字板はすべて模様が異なる1点ものの文字盤が特徴となっています。限定品にふさわしいこだわりです。

ムーブメント

  • 高精度な技術: シチズンの時計は、高い技術力で知られています。AQ4100-65Lもその例外ではなく、正確な時間を提供する信頼性の高い「光発電エコ・ドライブ」ムーブメントを搭載しています。

機械式時計のメンテナンスは早い場合で3年に1度程度オーバーホールが必要ですが、この時計の光発電エコ・ドライブの場合8年から10年程度はオーバーホールは必要なさそうなのでメンテナンスはずっと楽になります。

ケースとバンドはスーパーチタニウム

  • 全身に息づくテクノロジーと機能: シチズンが長きにわたり磨いてきた技の結晶「スーパーチタニウム」製のケースには、明るく透き通るような色調が特長のデュラテクトプラチナを採用、キズがつきにくく、持続する美しい輝きが特徴です。またバンドはヘアライン加工で仕上になっています

※世界600本限定ですが6月14日現在シチズン公式通販サイトからまだ購入可能です。

仕様と機能

シチズン「ザ・シチズン」藍染モデルAQ4100-65Lは、以下のような特徴を持っています。

  • ムーブメント: エコドライブ(光発電)技術を採用しており、定期的な電池交換が不要です。
  • キャリバーNo.: A060
  • ケースサイズ: 直径38.3mm、厚さ11.2mm
  • ケース素材: スーパーチタニウム(デュラテクト)
  • 防水性能: 10気圧防水
  • ガラス: デュアル球面サファイアガラス(クラリティ・コーティング)
  • バンド: スーパーチタニウム(デュラテクト)
  • 価格: ¥462,000 (税込)

セールスポイント

  1. 伝統とモダンの融合: 日本の伝統色を取り入れたデザインが、モダンなスタイルと調和し、どんなシーンでも輝きを放ちます。
  2. 高い信頼性: シチズンのエコドライブ技術により、安定した性能を長期間維持できます。
  3. エレガントなデザイン: 深い藍色の文字盤とシルバーのケースが、シンプルながらも高級感を演出します。
  4. 限定モデルの特別感: 100周年記念の限定モデルとして、特別感と希少価値が高く、コレクションとしての魅力も大いにあります。

購入情報

シチズン「ザ・シチズン」藍染モデルAQ4100-65Lの詳細な価格や購入方法については、以下の公式サイトでご確認いただけます。

まとめ

シチズン「ザ・シチズン」藍染モデルAQ4100-65Lは、日本の美しい伝統色と最新技術が融合した特別なモデルです。高い精度と信頼性を備えた時計をお探しの方には、ぜひおすすめしたい一品です。この機会にぜひ、シチズンの公式サイトで「藍染」コレクションをチェックしてみてください。

「CITIZEN」ブランド誕生100周年を記念した限定モデルという特別な背景もあり、コレクターや時計愛好家にとっても見逃せない逸品です。

コメントを残す

コメントを入力してください
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)