ホームライフスタイルグルメ三島沼津の鰻名店ランキング究極の味を堪能する6店

三島沼津の鰻名店ランキング究極の味を堪能する6店

※この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。リンクをクリックして購入すると、私たちはアフィリエイト報酬を受け取ることがあります。

静岡県の三島市や沼津市は、江戸時代に東海道の宿場町として栄え、江戸と京都を結ぶ要衝の地であった。旅人たちは、この地でひとときの休息を楽しんだ。その中で特筆すべきは、三島の鰻である。その美味さは江戸では味わえないものであり、一大名物として庶民の間に広く知れ渡った。三島の鰻を求めて、わざわざ旅をする者も少なくなかったという。その風味豊かな鰻は、江戸の人々の舌をも魅了し、多くの旅人の心を捉えたのである。

時は流れ、現代においても三島や沼津は美味しい鰻の名店が軒を連ね、その伝統は今もなお受け継がれている。多くの人々が足を運び、その美味を楽しむ姿は江戸時代と変わらぬ光景である。今回は地元出身の筆者の評価と地元での人気を基に特におすすめする鰻の名店を6店ご紹介しよう。これらの店は、古の味わいを現代に伝え、多くの人々に愛され続けているのである。

冨久家(沼津)

冨久家は、文豪の司馬遼太郎をはじめ、多くの作家や文化人、芸能人が足繁く通った沼津市の老舗鰻店である。その名を知る者は限られるが、一度訪れればその魅力に取り憑かれることだろう。

新鮮な鰻を使った蒲焼きは、職人の技が光る逸品である。外はカリッと、中はふんわりと絶妙に焼き上げられ、その香ばしさとタレの甘さが見事な調和を奏でている。古き良き時代の趣を残した少し手狭に感じる店内は、和の情緒が漂い静かな佇まいが心を和ませる。この店の主人が板場で一枚一枚丹念に焼き上げるその姿は古の風情を彷彿とさせる。

冨久家の味を求めて多くの名士たちが通ったことも頷ける。繁忙期には行列が絶えず、たとえ繁忙期ではない平日であっても予約が推奨されるほどの人気ぶりである。しかし、その待ち時間さえもまた、この店の特別な体験の一部として受け入れられているのである。

良心的な価格ではあるが、その一皿には惜しみない技と心が込められている。地元の人々に長く愛されてきた冨久家で、ぜひ至福の鰻料理を味わってほしい。その豊かな味わいと店の歴史に浸りながら時を越えた贅沢なひとときを過ごすことができるだろう。

  • おすすめの理由: 著名人が愛した味を今でも楽しむことができるのが魅力です。長年の伝統を感じさせる店内も雰囲気抜群です。
  • 店の雰囲気: 歴史を感じる落ち着いた雰囲気
  • 繁忙期: 土日や祝日は特に混雑
  • 価格: ~6,000円
  • 住所: 〒410-0831 静岡県沼津市市場町13−4
  • URL: https://www.numazu-cci.or.jp/kobetu/ha/fukuya/

上土 うなよし(沼津)

上土うなよしは、沼津市において広く知られる名店である。その歴史は古く、地元の人々に長年愛され続けている。特に昼時になると、店内は地元の常連客や遠方から訪れる客で賑わいを見せる。賑わう光景は、まさにこの店の人気と実力を物語っている。

この店の最大の魅力は、新鮮な鰻を用いた蒲焼きにある。職人が丁寧に焼き上げる鰻は外側はカリッと香ばしく焼かれ、その一方で中はふんわりと柔らかく仕上がっている。この食感のコントラストは一度口にすれば忘れられない特徴であり、特製のタレとの絶妙なバランスと相まって、その美味さに磨きをかけている。タレは甘さと旨味がしっかりと感じられる一方で、鰻の風味を損なうことなく引き立てているのだ。貴方がこの蒲焼を食すときには、その一口ごとに幸せを感じることだろう。

店内は落ち着いた和の雰囲気が漂い食事を楽しむには絶好の場所である。座敷席やテーブル席が用意されており、家族連れや友人同士、一人でも気軽に訪れることができる。

上土うなよしの鰻は、その質の高さからやや高価に感じるかもしれないが、その価値は十分にある。特別な日に訪れるのはもちろんのこと、普段使いにも利用したくなるほどの魅力が詰まっている。

上土うなよしはその歴史と伝統、そして美味しさを兼ね備えた名店として多くの人々に愛され続けている。ぜひ一度訪れてその魅力を直接体感してほしい。

画像準備中

上土 うなよし
4.5
Based on 326 reviews
powered by Google
js_loader
  • おすすめの理由: 丁寧な調理方法により、鰻の風味を最大限に引き出しています。また、秘伝のタレが鰻の旨味をさらに引き立てています。
  • 店の雰囲気: 温かみのある家庭的な雰囲気
  • 繁忙期: 平日のお昼時、週末は特に混雑
  • 価格: ~7,000円
  • 住所: 〒410-0802 静岡県沼津市上土町72−5
  • URL: なし

うな繁(清水町)

うな繁は、清水町においてその名を広く知られた鰻店である。その名声は、遠方からも訪れる多くのリピーターによって支えられている。新鮮な鰻を用い、秘伝のタレで香ばしく焼き上げるその技術はまさに職人技であり、口に運べばその旨味に心を奪われる。

広々とした店内は、家族連れでも安心して利用できるよう配慮されており、和やかな雰囲気が漂っている。座敷席やテーブル席が設けられ、どのようなシチュエーションにも対応できる。この店を訪れれば、家族や友人との大切なひとときを、さらに特別なものにすることができるのだ。

うな繁の鰻は、その香ばしさと柔らかさの絶妙なバランスが特徴である。特製のタレは、甘さとコクが鰻の風味を引き立て、その味わいは一度食せば忘れられぬものとなる。地元の人々に愛され続けるこの店の味は、まさに清水町の誇りと言えるだろう。

清水町に足を運んだ際には、ぜひうな繁に立ち寄り、その極上の鰻を堪能してほしい。店内の和やかな雰囲気とともに、至福の時間を過ごすことができること請け合いである。

  • おすすめの理由: 鰻の品質と焼き加減にこだわり、外はパリッと、中はふんわりと仕上げています。広々とした店内でゆったりと食事を楽しめます。
  • 店の雰囲気: 広々とした店内で家族連れに最適
  • 繁忙期: 週末や祝日は特に混雑
  • 価格: ~5,000円
  • 住所: 〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見239−3
  • URL: https://unasige.com/

うなぎのむらかみ(三島)

うなぎのむらかみは、三島市の中心に位置する老舗の鰻店で、その門をくぐると昭和の香りが漂う趣のある空間が広がっている。江戸時代から続く三島の宿場町としての伝統と共に、この店もまた時代の流れに逆らわずに歩んできた。供水鰻を使用し、熟練の職人が皮はパリッと、身はふっくらと焼き上げるその技術は、一度味わった人々の心を掴んで離さない。

この店の魅力はその味だけにとどまらない。大将と奥様の温かいおもてなしが、この店を特別なものにしている。来店するたびに温かい笑顔で迎え入れてくれる二人の存在は、客にとって大きな安心感を与え、何度も足を運びたくなる理由の一つである。

ここで提供されるうな重は、特製のタレが鰻に絡まり、絶妙な甘さと香ばしさを引き出している。ご飯との相性も抜群で、ひと口食べるごとに至福の瞬間を感じることができる。

うなぎのむらかみでは、日本の伝統的な鰻料理を味わうことができるだけでなく、その場所に流れる穏やかな時間と温かい人々との交流を楽しむことができる。このような体験は、単なる食事を超えた貴重なひとときを提供してくれるのである。

訪れるたびにその魅力を再発見できるうなぎのむらかみ。三島に足を運んだ際にはぜひ一度訪れてみてはいかがだろうか。日本の伝統と温かさが融合したこの場所で至福のひとときを楽しんでいただきたい。

  • おすすめの理由: 供水鰻を使用し、皮はパリッと、身はふっくらとした食感に仕上げる職人技が光ります。店内外の雰囲気も時代を感じさせる趣があり、大将と奥様の温かいおもてなしが魅力です。
  • 店の雰囲気: 昭和を感じる趣ある店内
  • 繁忙期: 土日や祝日は特に混雑
  • 価格: ~10,000円
  • 住所: 〒411-0824 静岡県三島市長伏115−1
  • URL: http://www.e-kabayaki.com/

うなぎ 桜家(三島)

桜家は、三島において最も著名な鰻店の一つであり、創業から150年を超える歴史を誇る。その長い歴史の中で、地元民のみならず、遠方からの観光客にもその名を知られるようになった。江戸の時代から続くこの店は、まさに鰻料理の真髄を極めていると言えるだろう。

店内に一歩足を踏み入れると、そこには歴史の息吹が感じられる空間が広がっている。木の温もりが感じられる内装と、時代を超えて受け継がれてきた調度品の数々は、訪れる人々を過去へと誘う。また、和やかな雰囲気の中で迎えてくれるスタッフの温かい笑顔も、この店の魅力の一つである。

桜家の鰻は、その柔らかさと秘伝のタレが絶妙に絡み合うことによって、一度食べたら忘れられない味を提供している。その秘伝のタレは、代々の職人によって守り続けられてきたものであり、鰻の風味を一層引き立てる。柔らかな身は口の中でとろけ、炭火で香ばしく焼かれた皮との対比が絶妙だ。

桜家の蒲焼はただの食事ではなく、歴史と伝統を味わう体験そのものである。その味わいは、長い年月をかけて磨き上げられた職人技の結晶であり、来店するたびに新たな感動を提供してくれるのだ。

三島を訪れた際には、ぜひ桜家でその歴史と伝統の味を堪能していただきたい。ここでしか味わえない特別な鰻料理があなたを待っている。

  • おすすめの理由: 創業150年を超える歴史と伝統の中で培われた、柔らかい鰻と秘伝のタレの絶妙なバランスが、一度食べたら忘れられない味を提供します。
  • 店の雰囲気: 歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気
  • 繁忙期: 常に混雑しているが、特に週末は要予約
  • 価格: ~5000円
  • 住所: 〒411-0856 静岡県三島市広小路町13−2
  • URL: https://sakura-ya.net/

うなぎ処 京丸(沼津)

その名を聞けば、ただの鰻屋ではないことがすぐにわかるだろう。店内に一歩足を踏み入れると、高級感漂う空間が広がり、訪れる者を非日常の世界へと誘う。その落ち着いた内装は、まるで江戸時代の豪商の屋敷を思わせ、歴史と現代の調和が見事に表現されている。

京丸のメニューは実に多彩である。鰻料理はもちろんのこと、刺し身や天ぷらなどの魚介料理も豊富に取り揃えられている。そのどれもが一流の素材と技術で作られており、食通たちの舌をも唸らせる逸品ばかりだ。特に注目すべきは、鰻の料理である。丁寧に処理された鰻は、熟練の職人の手によってふっくらと焼き上げられる。その皮はパリッと香ばしく、身はとろけるように柔らかい。この絶妙な焼き加減と秘伝のタレの相性が、訪れる者を虜にするのだ。

その味わいは、まさに極上の贅沢であり、一度味わえば忘れられない経験となるだろう。京丸の鰻は、ただの食事ではなく、歴史と伝統、そして現代の技術が織り成す一大芸術である。店内の雰囲気と相まって、訪れる者に至福の時間を提供する。

京丸を訪れることは、単なる食事を超えた特別な体験である。その絶品の鰻料理は日常の喧騒を忘れさせ至福のひとときを提供してくれるだろう。沼津市を訪れた際には、ぜひ京丸でその贅沢な鰻料理を楽しんでいただきたい。

  • おすすめの理由: 刺し身や天ぷらなどの豊富なメニューと高級感のある店内で、贅沢な気分を味わいながら、ふっくらと焼き上げられた鰻を堪能できる点です。
  • 店の雰囲気: モダンで高級感のある店内
  • 繁忙期: ディナータイムは特に混雑
  • 価格: ~5000円
  • 住所: 〒410-0844 静岡県沼津市春日町33−7
  • URL: https://kyoumaru.jp/

静岡県三島沼津には、江戸時代から続く鰻の文化が今も息づいており、どのお店もこだわりの一品を提供しています。ぜひ、実際に訪れてその味を堪能してください。

コメントを残す

コメントを入力してください
ここにあなたの名前を入力してください

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)